ホーム > PIVとは

PIVとは

FtrPIV-qa PIVとは「Particle Image Velocimetry」の略で、粒子画像流速測定法と呼ばれます。気体や液体など通常、目で視る事ができない流体の速度を測定する手法です。具体的には、ある短い時間間隔で連続撮影した2枚の画像(2時刻分の画像)を比較することにより、流れの速度を測定しています。そのため、流れの向きを測定することも可能です。

PIVを行うためのシステムは、カメラなどの撮影装置、レーザ、ストロボなど照明装置、目で視る事ができない流体を可視化するためのトレーサ粒子、撮影タイミングと照明装置の発光を同期させるための同期装置、
そして撮影した画像を記録し、解析するためのコンピュータなどの装置から構成されています。

FtrPIVシリーズ(流速計測システム)は、流れを可視化、定量化を行うために最適なシステムをご提供し、
流体計測ソリューションを包括的に支援いたします。


2成分PIV

FtrPIV(標準PIVシステム)

2成分PIVは、シート光(厚さ1mm程度のシート状にしたレーザ光)で照射された流れ場のシート光面内の速度2成分を計測する流速計測手法です。流れ場の速度情報を一挙に測定できるため、複雑流動場の流速計測に威力を発揮します。
流れ場に注入された多数のトレーサ粒子を短い時間間隔で2回発光するダブルパルス照明で撮影します。得られた粒子画像フレームに格子点を定義し、さらに各格子点を中心とする小さな検査窓を定義します。個々の検査窓の中の粒子像群の粒子像群の移動距離から流速を計測します。そのため、画像相関法が利用されます。得られる流速ベクトルは格子状に配列しており、数値解析結果との比較が容易です。

ステレオPIV

FtrPIV-Stereo

ステレオPIVは、シート光で照射された流れ場の速度3 成分を計測する流速計測手法です。
2成分PIVがシート光面内の速度2成分を計測するのに対して、ステレオPIVではシート光に直交する奥行き方向の第3速度成分を計測します。ベクトル量である速度情報のすべてを計測できる流速計測手法で、2台のカメラをステレオ配置することが特徴です。そのため、カメラの位置関係と光学的条件を決定するためのカメラ校正が必要となり、実際の計測において高度な準備とスキルが要求されます。



PIVシステムの構成

FtrPIV-Stereo

一般的なPIV計測(実験)に必要な機材を下記のページで紹介しています。

FtrPIV Q&A > 3. ハードウェア > 1.PIVシステムの構成






FtrPIVシステムを用いた計測事例

デルタ翼の測定結果 (ステレオPIV計測)

デルタ翼モデルを小型風洞に迎角30度で設置し、その後流をステレオPIVで計測しました。

デルタ翼のPIV測定風景
デルタ翼のPIV測定風景

デルタ翼の測定結果
デルタ翼の測定風景01 デルタ翼の測定結果01 デルタ翼の測定結果02





FtrPIVシリーズ(流速計測システム)

FtrTSPIV

FtrTSPIV

トモグラフィックステレオPIV
(フルボリュームPIV)
新技術トモグラフィックステレオPIV(特許出願)を利用した効率的なPIVシステム。
FtrPIV(標準PIVシステム)

FtrPIV(標準PIVシステム)

PIV計測のための標準システム

流体計測の代表的手法であるPIVを用いて速度場計測を行う2次元2成分PIVシステム。
FtrPIV-Stereo

FtrPIV-Stereo

ステレオPIV(速度3成分計測)

豊富な計測実績が保証する高機能ステレオPIVシステム。複合計測へのカスタム化にも柔軟に対応。
FtrPIV-Dynamic

FtrPIV-Dynamic

ダイナミックPIV
(高時間分解能計測)
信頼性と拡張機能を兼ね揃え、高い時間分解能を実現。


FtrPIV-DynamicLite

FtrPIV-DynamicLite

ダイナミックPIV ライト
コストパフォーマンスを追求したダイナミックPIVシステム。セットアップ後のご提供で直ちにPIV計測が可能。
FtrPIV-Micro

FtrPIV-Micro

マイクロPIV(マイクロ流れ計測)
長作動距離光学顕微鏡、3次元計測技術、ユニークな光学系を駆使することにより、様々なアプリケーションに対応可能。
FtrPIV-Micro(Dark-Field)

FtrPIV-Micro (Dark-Field)

暗視野照明式マイクロPIV
S/N比良く撮影する暗視野照明を利用したマイクロPIVシステム。