ホーム > 製品・システム > レーザ可視化システム FtrLFV > FtrLFV-E1000

FtrLFV-E1000

エンジンシリンダ流動試験装置

FtrLFV-E1000カタログ(PDF, 446KB)

遂に登場! 世界初『可視化エンジン計測ユニット』
エンジン開発における新しいデファクト・スタンダードへ

2次元3成分ステレオPIV技術を導入し、エンジンスリーブ内部の流れを可視化解析する計測実験装置です。これまでの受託業務で積み重ねたノウハウを集約させ、コンパクト化したステレオPIV計測装置です。平均速度、乱流、平均タンブル比、平均スワール比など様々な特性値について、撮影準備からレポート作成までサポートします。

安全対策と自動化された計測作業

レーザ装置・光路・エンジンスリーブ・トレーサ粒子発生器を装置筐体内に収納しているため、レーザ光を見ることなく、トレーサ粒子にも晒されることなく、安全に計測作業をすることができます。
また、計測作業からPIVデータ解析結果出力まで最大限自動化することで、PIVの経験が無い方も簡単に結果が得られます。

FtrLFV-E1000

ステレオPIVに最適化された撮影部ステレオPIVに最適化された撮影部

PIVカメラは、計測したいスリーブの輪切り断面の位置やスリーブの大きさの変更に対応するようセッティングされ、ユーザによるカメラの調整(角度、位置、高さ)が不要です(一部仕様外のテスト条件については、別途ご相談)。





様々な供試体の仕様に対応する助走部様々な供試体の仕様に対応する助走部

可動&交換機構を有する助走部は、インマニ側に流れ込む流体の流れを整流すると共にインマニポートの長さ、吸口の形状や角度に合わせて様々なセッティングに対応します。

既存の実験環境へ接続対応既存の実験環境へ接続対応

一般規格を採用し、既存設備 (送風機、フロースタンド、工場エア、排気ダクトなど)へ簡単に接続が出来ます。既存設備からのデータ(圧力、温度など)取り込み、連動機能などのカスタマイズが可能です(既存設備との連動については、別途ご相談)。

安全なレーザ光学システム安全性を高めたレーザ光学システム

計測用シート光を最低限のスペースで作り出すビーム折返し構造を採用し、システムのコンパクト化を実現。光学系の垂直トラバースシステムにより、計測したいスリーブの輪切り断面の高さを自由に変えられます。より安全な作業環境を作るため、補助レーザ(クラス2)を導入し、計測用高輝度レーザ(クラス4)を照射することなく、計測断面の位置調整が可能です。また、計測断面の切替え(水平/垂直)も出来ます(別途ご相談)。


トレーサー粒子発生器を装備トレーサー粒子発生器を装備

気流計測に最適なシーディングを供給するオイルミスト発生装置です。 安全な食用油を使用し、流れの可視化に必要な粒子を作ります(0.05〜0.3MPaのエアーの供給が必要です)。


システム専用制御装置システム専用制御装置

本計測装置には、遅延信号発生装置、制御用・演算用パソコン、モニタ、キーボード、マウス、無停電電源装置、制御盤、専用ディレイパルス発生装置が納められています。専用の制御・解析ソフト『FtrLFV』により、粒子画像の撮影 コントロール、独自開発のPIV解析エンジンを利用した高速演算、PIVデータ解析作業などが最適の仕様で構成されています。







直観的なシステム操作盤(システム本体)直感的なシステム操作盤(システム本体)

各装置の運用状況が分かりやすく、操作しやすいインターフェイスです。流路の圧力や温度などの実験環境情報も確認できます。


FtrLFV-E1000FtrLFV-E1000 作業プロシージャコントローラ

■ 今までなかったものを、誰もが使える形で
豊富な受託業務によって培われた技術ノウハウを結集し、高度に最適化されたオール・イン・ワンのソフトウェアシステムです。



ベースソフトウェア ■ 誰でも使える、究極のPIV実験装置を追求
解析作業における各種パラメータの調整は、一切不要です。
定められた順序に従い、簡単な工程を進めるだけで、実験・解析経験が少ない方でも、熟練者に匹敵する結果を短時間で得ることができます。








システム使用事例

FtrLFV-E1000使用事例

安全対策

・レーザ光に対する安全対策  (1)レーザシャッタ (2)各部シール
・システム制御装置側UPS機能
・食用油ミストの試験装置からの漏出防止
・計測断面セッティング用補助レーザ(1mW、クラス2) ・緊急停止機能
・実験環境への各種アラームシステムのカスタマイズ可能。
 (装置カバーオープンアラーム、実験室ドアオープンアラーム、排気ダクト停止アラーム等)

表 システムの基本仕様

流動計測原理 ステレオPIV(2次元3成分測定)
適用流体 空気(ワーク側6kPa程度、最大25kPa程度、常温)
トレーサ粒子 製品導入に関するサポートは行います。
食用油ミスト(専用オイルミスト発生装置使用)
観察視野 概ね最大95mm×95mm
測定物理量 ■スリーブ輪切り断面内の平均速度3成分、乱流量(乱流エネルギー、乱流強度、レイノルズ応力)
■タンブル比、平均タンブル比
■スワール比、平均スワール比
■装置ガバーオープンアラーム3ヶ所
■実験室ドアオープンアラーム(オプション)
■排気ダクト停止アラーム(オプション)
■上流チャンバと下流タンクの圧力と温度
測定結果の出力 ■全ての測定物理量、試験条件、付加条件などを、エクセルで入力可能なテキストフォーマットで出力(※3)
■タンブル比、スワール比までの測定物理量が単純なデータ処理作業で算出(※4)

※3 グラフィカル出力を含む。カスタマイズ可能。
※4 但し、ステレオPIV計測のためのカメラ校正作業は対象外。

既存設備との接続性 保有する試験装置からの押し込み送風が可能
安全対策 ■食用油ミストの試験装置からの漏出防止
■レーザ光に対する安全対策
(1)レーザシャッタ
(2)各部シール
■緊急停止機能
■実験環境への各種アラームシステムのカスタマイズ可能。
その他 ■レーザ:120mJ@532mn、20Hz
■カメラ:200万画素(1600×1200pixel)
■サイズ:
(本体)  1005mm(D)×2117mm(W)×2115mm(H)
(制御装置) 800mm(D)×800mm(W)×1607mm(H)
本装置の開発にあたり平成25年度神奈川県中小企業新商品開発等支援事業補助金を受けました。