ホーム > 製品・システム > 流速計測システム(PIV/PTVシステム) >FtrPTV-3D

3次元PTVソフトウェア FtrPTV-3D

3次元PTVをリニューアルしました。以下の特徴を備えています。
項目をクリックすると詳細説明が表示されます。

Improved GUI
(GUI改善)
Operation on Windows10
(Windows10対応)
Unlimited number of cameras
(カメラ台数無制限)
The cameras may differ from each other
(仕様が異なるカメラの混在使用可能)
Analytical reconstruction of the 3D particles
(解析的3D粒子再構築手法)
Simulation mode for PTV researchers and academicians
(PTV研究のためのシミュレーションモード実装)
The camera model is compatible with ISCC
(ISCC互換のカメラモデル)
Automatically skips empty 3D particle fields and empty velocity fields
(空の3D粒子場および速度場の自動的スキップ)
Allows measurements with or without frame straddling
(フレームストラドリング/非フレームストラドリング選択可能)
Spatial bin-averaging of velocity vectors
(速度ベクトルの空間的bin平均)
Spatiotemporal local velocity filtering
(時空間的ローカルにおける速度ベクトルフィルタリング)

システムの特徴

フルボリューム内の速度3成分を計測する「3次元3成分(three-dimensional three-component)」計測システムです。
2台以上のCCDカメラを用いて撮影された粒子像から個々の粒子の速度3成分を算出します。複雑乱流や壁面近傍、せん断の大きな場所の計測が効率的に行えます。 光源とカメラを柔軟に選択でき、予算と計測目的に合致した最適なPTVシステムが構成できます。 パーツごとのアップグレードが可能です。

ハードウェア構成例

  • 200万画素高精細カメラ2台以上(3台以上を推奨)
  • ダブルパルスNd:YAGレーザ
  • パルス制御装置
  • 照明用光学系
  • ホストPC
  •  CWレーザと高速度カメラを組合せた構成も可能です。

ソフトウェア概略仕様

  • 入力画像:BMP、PNG、JPEG、GIF、TIF
  • PTV追跡アルゴリズム:最近傍法
  • 誤ベクトル除去:局所的な平均ベクトルあるいは中央値ベクトルとの比較
  • カメラ校正:幾何光学カメラモデル
  • 速度計測:瞬時速度ベクトル(u,v,w)
  • データ出力:テキストファイル、Tecplotファイル出力
  • ポスト処理:空間的bin平均
  • シミュレーションモード:人工の3D粒子情報を入力とする解析

ウィンドウ例等


FtrPTV-3Dメインウィンドウ&解析結果サブウィンドウ(カメラ3台の例)


解析結果の3Dプロット例(市販可視化ソフトにて作成)



連続トラッキング例(市販可視化ソフトにて作成)

↑ページ上部へ戻る